電話占いって実際どうなの?

電話占いというと、ごく一部にハマりすぎてしまう人がいて、

社会問題になっているという話の報道がありますが、

実際はどのようなモノなのでしょうか。

基本的に電話占いというのは、占いをベースにして占い師が、

アドバイスやカウンセリングを行うという形のものです。

誰にも言えない悩みや愚痴などを、

聞くプロでもある占い師が、

電話越しに聴いてくれると言うのがポイントです。

これは何も特別な話では無く、実は、一般的な占い師の場合でも、

多くの場合、占うために相談者の悩み事を引き出すカウンセラー的な役割も持っています。

電話占いの場合は、相手の姿が見えない電話という事もあって、

カウンセラー的な役割が特に重要になってきます。

例えば、悩み事など、誰かに打ち明けるだけで

心が軽くなるという経験をしている人は多いと思いますが、

電話占いの占い師の場合は、まずそういった悩みをしっかりと聴いてくれて、

占いに基づくアドバイスをしてくれるわけなのです。

社会問題として、報道されたりしているような極端な例では、 

毎日常に日常の些細な愚痴などの悩みを聴いてくれる人を

求めて依存してしまうような人をとり上げているようです。

やはり、それでは電話占いを上手に活用しているとはいえません。

電話占いと上手につきあう為には、

一度、自分の中で悩みや愚痴などをきちんと整理して、

占い師のアドバイスを活かしたいと考えてから利用すると良いでしょう。

そうすることで、より解決に近づくはずです。